住宅エコポイント工事の対象期間短縮

リフォームとエコポイント

住宅エコポイントはエコ住宅を促進し、経済の活性化をはかるために
生まれたポイント発行制度です。
昨年末に平成23年の間継続されると発表されていたのですが
工事の対象期間が
12月31日までだったのが
期間短縮され、7月31日までに変更されました。

よりによって・・・
7月末前後に工事着手予定の物件が重なりました。

その「工事着工」の定義ですが
住宅エコポイントのホームページを見ると

新築の場合、建築着工を
「根切り工事または基礎杭打ち工事の着手」
と書いてあります。

今日電話問合せしたら、建築確認申請がおりていたらOKとのこと。
後でダメって言わないでね・・・。

リフォームの場合、工事着手を
「ポイントの発行対象工事を含む工事全体の着手」
と書いてあります。

今日の確認では、施工会社の「工事証明書」があれば良いとのこと。

ただ、リフォームの場合は「性能証明書」の日付期限があるそうです。
こちらは要注意。

ということで、
なんとか7月末には皆着手できるようにスケジュール組んでいきます。

今日電車に乗る前、ミカドコーヒーのカフェオレを発見。
ミカドコーヒーって軽井沢のモカソフトの店よね。

子どもの頃からモカソフトが大好き。

ミカドコーヒーの近くの雑貨屋さんが大好きでした。

1 COMMENT

アバター yuan

お金に関わる変更はホントにどきどきしますよね~
何とか7月着工できても、ポイント申請期限までに予算額に達した場合はポイント発行が終了するとか…
あ~どきどき
暑いですが、体調に気をつけて頑張りましょうね♪

現在コメントは受け付けておりません。