住まいづくりの立場からチャリティ

今日はリフォームの現場に行ってきました。
こちらは工事が残りわずかなのですが
建材不足、ガラスの入荷が間に合うかどうか・・・
というお話も伺っています。
住みながらのリフォームですが
生活には支障のない範囲ではあるようです。

これからの工事に設計側も配慮が必要だなと感じています。

先日、20万アクセスになったことをお伝えしましたが
その記念のプレゼントを自粛させて頂きました。
時がたちましたら、私の足で動けるプレゼントを用意いたします。
その時はぜひご応募くださいね!

その自粛した分を
坂茂建築設計さんが行われている
ボランタリー建築家機構宛に募金させて頂きました。

こちらは阪神大震災の際、鷹取教会につくられた紙の教会。
いまは台湾に移築されているそうですが
このプロジェクトをされていたのが坂茂さんです。

私は紙の教会、紙の仮設住宅の建設ボランティアではなかったのですが
このボランティアから継続していた
建築班ボランティアに一時期参加していたこともあります。
わずかではありますが、
こちらの活動に役立てばいいなと思っています。

また、MaM’s Designとして一緒に活動しているlime+さんより
建築士仲間で、耐震診断、住まい相談などを行う
チャリティ活動をしよう、という話がでています。

具体的な内容はもう少しメンバーと意見が集まってからと思うのですが
私も参加、協力しようと思います。
(参加するメンバー、ご意見も募っています)

次に、近々告知されると思うのですが
フェリシモしあわせの学校にて
4月にチャリティ1日講座を開講されるようです。
(会場はフェリシモ本社・神戸にて)
こちらも住まい講座を担当させてもらいたいと思っています。
神戸から元気発信していきたいと思います。

それ以外にも神戸のママとしての活動もしたいと思いますが
こちらもまとまり次第報告しますね!

いろんな方から、メール、お電話頂いています。
支援のための活動をしようと思う、という言葉に
できることは協力したいと言ってくださって
本当にありがとうございます。

また、私のブログを見て元気が出た、といってメールを下さったみなさん
ちっぽけな私の活動ではありますが
何か元気と笑顔への道につながればいいなと思っています。

ぐっと冷え込む一日ですが
みなさん、体調には十分お気をつけくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です