畳のおもしろい空間をつくる、工事スタート!

今日より、前田畳製作所西宮店の工事がはじまりました。
奥では畳職人さんが作業をしているので、ホコリが舞うことの無いように養生。

1607105_817032248339736_6277198394809204904_n.jpg
寸法やおさまり、電気の配置などを決めました。
私もとても好きな空間なので、そこがより居心地の良いものになるように。
工事に関わる皆さま、宜しくお願い致します。

畳のショールームとしての空間、最初のご提案

今年の夏前でしょうか。
ずいぶん前に最初のお話を頂いたような気がしますが、話しが前進したのはつい最近の事。
先日「畳の楽しみ方講習会」で協力して下さった、前田畳製作所さんの西宮店の改修工事を行うことになりました。

最初はこの場所で、ショールームとしてのスペースが欲しいというお話でした。
どんな使い方をするか・・・最初はこんな提案をお見せしました。

IMG_7057.jpg

「ロフトを設けて、畳の下だと音が軽減するよ」という様子を感じられるような空間に・・・。
実はこの空間は、畳の製作、加工場としての機能を持ちながら、その横にショールームを持つという設定。
製作の場というのがとても魅力的なんです。

加工場の隣にあるショールームとはどんな空間なのか

そのような空間であるからこそ、どんな使い方をするか考えていくのにも時間がかかったと思います。
その間、こちらの空間を利用してイベントなども行っていました。

多様性のある広い空間だからこそできることがたくさん。
畳ってフレキシブル。
少しずつ、この空間の使い方を模索していく中で
再度提案のご依頼がありました。

そのご要望は

  • 床の間がほしいな
  • 和室としてのしつらえを・・・
  • ロフトは面白そうだから採用したい

でも、広間にはロフトがあるとじゃまなので他の場所に・・・

「要望」が少しずつ見えてきます。

要望に忠実にプランニングしたスケッチ

そこで、その要望に忠実にプランニングしました。
その時のようすが、こちらのスケッチ。
IMG_2169.jpg

前のロフトの空間よりインパクトは薄れます。
でも、要望に忠実に答えるとこのようなデザインになるのですよね。
私も正直にその形をお見せするからなのですが、このスタイルにあまりしっくりこない様子。

こだわっていたものは、何なのか。

そこで、では、もう一度どんな空間にしたいのか、突き詰めてみましょうよ!
お話をしている中から湧いたデザインがこちら。

IMG_4441.jpg

こだわっていたものが何なのか。
整理することから生まれたデザインです。
きっと面白い空間になると思います。

私も楽しみです。

年内完成を目指していきたいと思います。
そして、この空間のこれからのつかわれ方にもワクワクします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です